【2020-21シーズン】速攻での得点が多いNBA選手TOP5

【2020-21シーズン】速攻での得点が多いNBA選手TOP5

今回は、速攻での得点が多い選手たちです。

現在のNBAでは速攻が最も楽に点を取れて形で、
それが効率の良い3Pシュートに繋がる。

しばらくの間王朝を築いたウォリアーズや、
ダントー二の率いたロケッツがNBA全体に浸透させ、
昨季のバックスは過去最速のバスケを武器にしていた。

 

ちなみに、初めてpaceが100を超えるチームが表れたのは、
2015-16シーズンで、わずか2チームのみだった。

 

しかし、今のNBAでは約半分のチームがpaceで100を超えるようになっている。

 

3Pシュートと同様に守備が重要視され、
堅守速攻が最も生産性の高いチームの象徴でもあったりする。

もちろん、プレーオフはこれで勝てるほど甘くないけど、
速攻が一つの重要な武器になっているのは間違いない。

 

 

前置きが長くなりましたが、
その中でも、今回の選手たちは特に速攻の多い選手たち。

 

【昨季のファストブレイク得点のデータ】
【2020-21シーズン現段階】NBAでコーナー3Pの多いチームTOP10

 

早速ランキングに入る前に、
誰がファストブレイクに強いイメージがありますか?🤔

 

 

個人的には、ファストブレイク=ヤニスです。笑

 

では、答え合わせに入っていきましょう。

 

ファストブレイク得点ランキングTOP5

栄えある第1位へ。

第1位 ヤニスアデトクンボ  5.1点

 

昨季と同様で第1位はヤニスアデトクンボ。
これでも昨年よりは1点分も落ちている。

プレータイムは増加するもスタッツ全体はそれほど伸びてはいない今シーズン。

バックスも今は3位ではあるけれど
昨年よりはあまりうまくいっていないかな。

昨年よりもチーム全体で守備が悪いために、
ファストブレイク得点は18.0→15.5まで落ちている。

その中でヤニスが1位を取れるのは、
彼がそれだけのレベルの選手だからこそ。

ヤニスはフリースローや3P等の改善しておきたい要素で、
不調だがここからどう修正していくかが気になるところ。

バックスは良くも悪くもヤニス次第。

 

 

惜しかった2位へ。

第2位 レブロンジェームズ  5.0点

 

現状2位も昨季と変わらないレブロン。
レイカーズもバックス同様でファストブレイク得点を
落としているがレブロンはほぼ変わりなし。

ADが昨季より不調かつ離脱をする中、
レブロン個人は昨季よりも得点効率を上げている。

そして何よりすごいのは、レブロンは約10年の間
ファストブレイク得点で上位に君臨し続けていること。

レブロンがレブロンで居続ける限り、
彼の在籍するチームは常に優勝候補でいるだろう。

ファストブレイク得点が落ち始めた時が、
真のレブロンの衰えが分かる時かもしれないなー🤔

ほんと45歳くらいまではいけるんじゃないかな笑

まだまだすごい3位へ。

第3位 ジェイレンブラウン  4.6点

 

昨年も4位にランクインしていたブラウンが3位に。

ということは、あの男が居なくなったということ….。
ファストブレイク得点といえばラスだったのに。

ブラウンは毎シーズン成長を続ける選手。
個人的にはテイタムよりも評価が高い。
(テイタムも凄すぎるんだけどね。笑)

テイタムが全チームにフィットするかは微妙だけど、
ブラウンはおそらくどのチームでもやれる選手。

 

【直近3シーズン/2018-21まで】

得点 13.0点 ➡ 20.3点 ➡ 25.9点
FG% 46.5% ➡ 48.1% ➡ 50.6%
3P% 34.4% ➡ 38.2% ➡ 40.9%

昨季の急激な成長にも驚いたけれど、
今季はさらに成長し、リーグ屈指の2wayプレーヤーに。

ドラフト当時は身体能力はずば抜けていたが、
勢いだけで賢いタイプの選手ではなかったのに、
今では絶対に代えの利かない選手にまで成長した。

この代のドラフトはシモンズ/イングラム/マレー×2/
サボニス/ヒールド/ブログドン等の当たり年だけども、
この世代で万能さで見たらブラウン以上の選手はいるだろうか?

それだけ、今のジェイレンブラウンに欠点なんてない。

ここまで育てたセルツの育成が良かったんだろうなー。

 

 

次の4位へ。

第4位 CJマッカラム  4.4点

 

今季ファストブレイク得点を大きく上げたCJもランクイン。

CJについては詳しく書いたばかりなので、
彼について詳しく知りたければ見てみてねー。

ブレイザーズを牽引するCJマッカラム

ラストの5位へ。

第5位 カイルラウリー  3.9点

 

実は昨季も上位にいたラウリーが5位に。

本来ならば、シアカムが上にいなければいけないけど、
今季のシアカムは数字を大きく落とした。

 

【シアカムのファストブレイク得点】

【2019-20】4.1点 (リーグ5位) 【2020-21】1.8点

昨季はリーグ1のトランジションを武器にした
ラプターズが今では大きく変わってしまった。

エースのシアカムがイマイチ成長しきらない現状で、
小さな巨人のラウリーがチームを牽引。

今季で契約が切れるラウリーは
今でも自らの価値を証明し続けているよ。

彼の資質はどこのチームに居ようと唯一無二だろう。

まとめ

今回のファストブレイク得点ランキングは以上です。

昨季もランクインした選手が維持していることが多かったかな。

 

大きな変化を上げると、ラスが外れたこと。

この10年間ただ一人TOP5に居続けたラスが、
今季の不調でランキングから消えているんだ。

これはレブロンでさえできていなかったことで、
ラスただ一人の快挙だった。
(レブロンは惜しくも10年連続ではない。)

今季は速攻=ラスのイメージが塗り替えられているが、
スーパースターのラスがまた見れることを期待したい。

 

そして、最後に一点。

 

第6位 トバイアスハリス  3.8点

 

第7位 ベンシモンズ  3.6点

 

今季圧倒的な強さを見せるシクサーズの2人が、
6.7位にいることを知って欲しい。

シクサーズが強くなっている背景には、
こういった堅守を生かした速攻が機能していることもある。

 

【シクサーズファストブレイク得点】

【2019-20】13.5点 【2020-21】15.9点(リーグ1位)

 

強くなるチームには必ず説明できる理由があって、
弱くなる時も同じ。

ハーフコートで力を発揮するエンビードに加えて、
このオプションがあれば機能するのは当然かもね。

シクサーズの最後のピースはセスとダニーだった。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓良かったらランキング上がるので協力お願いします!笑
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 

データ引用元:https://stats.nba.com/

作成日:2021年2月20日

Translate »