シクサーズの現状と将来

NO IMAGE

まず初めに、私はシクサーズはとても好きなチームです。

多少厳しいことも書きますがお許しください。

今回はシクサーズの現状を書きつつ、今後のことを書いていこうと思う。

 

まず、シクサーズの現状はwin-now。
ホーフォードとったあたりからも分かるよね。

もうホーフォードは年齢的にも賞味期限が短いからさ。

ヤニス止めるために獲得したあたりからも、
本気で今年も勝ちに来ている。

バトラーの代わりに、Jリッチってのもそーだよね。
タイプ的には似ているかな。

ディフェンスできて、ボール運べる選手みたいな。
バトラーほど頼りにはならないかな。

結局バトラーのトレードによっては、何もなくなってしまった。

コビントンやサリッチも去り、バトラーも去ったんだからさ。

 

それだけのリスクを冒してでも、
去年のシクサーズは優勝を狙って正解だったと思う。

それに、ラプターズをplay-offで1番苦しめたのは間違いなくシクサーズだった。

第7戦のレナードのブザービートまでもつれたんだから自信持っていいところ。
これに関しては、ウォリアーズだって無理だったし。

運もあるけど、それだけ去年のシクサーズは優勝に近かったんだ。

ただ、今年優勝を狙うのはキツいというのが個人的な考えです。
ロールプレイヤーが足りていないし、チームがかみ合ってない。

ただ、今のシクサーズは矛盾してるんだ。

だって「バトラーorハリス」でハリスを選んだわけだよね?


ハリスの方が若くて、将来性もあり、シモンズに合うからって。

 

若いのが大事で、優勝狙うのは今じゃなくてもいいんじゃない?

 

まーファンに許されるならだけど。

ハリスを選んでおいて、ホーフォードで今勝つしかないというのが厳しいところ。

 

ホーフォードの獲得で未来を捨てかけているからさ。

セルツが長期契約を結ばなかったのは、年齢を懸念してだった。
CP3がトレードしにくいのも年齢。

 

今年ほんとにwin-nowなのって感じです?

 

確かにシモンズのルーキースケールは今年まで。
今後サラリーに余裕も生まれなくなる。

ただ、もし今年のバスケで今後もやるなら、
必要なのはシモンズじゃない。

もしシモンズでも、3Pシュートを鍛える時間が必要ってこと。

 

だって、今は普通のチームになったんだからさ。

 

そのギャップでシモンズは今オフェンスで空気になっている。

ここからは今後のシクサーズの話をしていこう。

シクサーズは3〜4年前くらいまでタンクしていたチームだったのに、
突如エンビードとベンシモンズを手に入れて、東の強豪に戻った。


そんなシクサーズは、ベンシモンズorエンビードの片方を選ぶ選択に直面するだろう。

 

これは間違いない。

 

ただ、ベンシモンズを軸にシクサーズは今後を据えるべきだと思う。

 

その理由は、最近の優勝チームを思い出して欲しい。


センターが最強で優勝したチームがあっただろうか?

 

ラプターズ→レナード、ラウリー
ウォリアーズ→カリー、トンプソン、デュラント
キャブズ→レブロン、アービング

 

何が言いたいかって、
現代のNBAで大事なのはフォワードかガードなんだ。

 

センターに最後を託すチームはまずないはず。
クラッチタイムに打つのは、動けてシュートが上手い選手。

去年だとバトラーが担った役割だ。

だから、正直エンビードとシモンズだったら、
大切なのはシモンズってこと。

エンビードは完成してるけど、シモンズはポテンシャルが高い。

 

ヤニスを見て欲しい。

3Pシュートを打ったら、さらに止まらない選手になった。

シモンズはシュートフォーム綺麗だし、
来年はさらにアテンプト増えるはず。

そう考えた時に、チームの柱はシモンズが適任

 

ただ、エンビードとシモンズのデュオには限界がある気がする。

なぜなら、根本的に彼らのプレースタイルがマッチしていないから。

シモンズは走るバスケ、エンビードは走らないバスケ
→2人のバスケがかみ合うはずが無いんだよ

 

ただ、チームの舵を取るのはPG役だよね。

今のままでも弱いチームには勝てるし、
そこそこ強いチームではあるけれど優勝はできないだろうな。

だからこそシモンズを軸にして、彼に合わせた選手を獲得するべきなんだ。

今いる選手ならサイブル、ホーフォード、ハリス、コルクマズ、
スコットを大事にして、シューターの獲得を目指すべき。


あとは、パス志向の強いプレーメーカーもかな。

個人的には、Jリッチの獲得はミスだと思う。

ボールを持って運んでのプレーが多い。
彼はシューターではないからさ。

シモンズに必要なのはパッシングできるシューターなんだ。


だからトランジションで活躍できるレディックは貴重だった。
今だったらコルクマズとサイブル、ミルトンだよね。

実際スタメン陣のシモンズとの相性見れば分かる。

○スタメン陣
エンビード   +2.8
ハリス     +2.6
ホーフォード  +3.3
Jリッチ    +1.6

Jリッチとシモンズは好ディフェンダーだけど、
ボールがなければ輝くことができない。

実際に相乗効果が出ていないんだ。

 

ちなみに
レディック +3.5
バトラー  +3.0

シモンズの周りには、オフボールムーブできる選手が必要。
バトラーはしっかりと共存できていたよ。

 

 

次は上であげた選手達とシモンズのラインナップについて書いていこう。

 

シモンズ、サイブル、ホーフォード、ハリスの4人が一緒に出ている時間は、
1試合10分以上ある組み合わせのの中で、+2.0と1番かみあっているんだ。

サイブル⇄コルクマズでも+1.5で効果的。

ただ、5人目にJリッチが入ると格段に下がる。
これも現状なんだ。

ここまでJリッチを調べたのは、
試合を見ていてJリッチである必要性を感じなかったから。

ハードワークのできるガードに、シューター役になれる選手たち。

これがシモンズにとって効果的というデータだよね。

 

1つ難しいところは、エンビードとJリッチは合っている点。
彼らは相乗効果を生み出せている。

ただ、Jリッチはエンビード以外のスターターと
決してかみあっているとは言えないんだ。

 

近々シクサーズはサラリー問題に突入する。

その時、ハリスとホーフォードの契約はとても難しくなる。
トレードもしにくい金額だから。

問題に直面した時に、彼らが動きやすい環境を提供する方が大事。

 

極論、エンビード売るのアリじゃない?


Jリッチである必要はないんじゃないかな。
だったらシューター取ろうぜ。

エンビード売れたら、たんまり指名権とれるよ。笑

エンビードファンやJリッチファンの方ごめんなさい🙇‍♂️
完全に主観なのでお許しください🙇

ただ、こんなことも優勝のためにはアリかなって思いました。

 

長々とありがとうございました。

Translate »