【2019-20シーズン】NBA中断明けバブルでの強さランキング|イースト編

【2019-20シーズン】NBA中断明けバブルでの強さランキング|イースト編

無事にプレイインゲームが終わり、
プレーオフ本戦に出場するチームが出そろいました。

順位順でまとめます。

 

東:MIL・TOR・BOS・IND・MIA・PHI・BKN・ORL

西:LAL・LAC・DEN・HOU・OKC・UTA・DAL・POR

 

最終確定順位はこんな感じです。

絶対的な王朝を築いていたウォリアーズがKDと別れ、
昨季チャンピオンとなったラプターズはカワイと別れた今シーズン。

今季のNBAは群雄割拠となり、全てのチームにチャンスがありそうかな。

 

シーディングゲームの使い方は様々だった。

 

バックスやレイカーズのように余裕のあるチームは温存気味で、
ブレイザーズなんかは土壇場で滑りこんできた。

この温存が吉と出るか凶と出るかは誰にも分からない。

開花した選手がいたり、微妙だった選手もいたね。
勝っても負けてもこの経験は必ず来季に大きく生きてくるよ。

 

前置きが長くなりましたが、
今回はバブルで強かったチームを順にまとめてみることにします。

東と西で分けてランキングにします。

 

基準:NETRTG
※共通で比べられる指標がこれしかないため。

 

今回のは、ある程度予想はつくので予想はカットします。

 

では、早速入っていきましょう。

 

バブルでの強さランキング|イースト編

引用元:https://stats.nba.com/

では、栄えある第1位へ。

1位 セルティックス

OFFRTG:116.7 DEFRTG:108.4 NETRTG:8.3

 

最もレーティングが良かったのは、セルティックス。
5勝3敗と勝敗で見ると微妙ながら内容は悪くはない。

特にオフェンスレーティングはシーズンよりも向上。
プレーオフを前に良い準備ができているよ。

初戦は守備に定評のあるシクサーズ。
矛と盾の戦いになりそうかな。

シモンズ不在もあるし、セルツが勝つ気がするかな。

しかし、バックスとヒートに負けているため、その後が心配なところ。

個人的には東の1番有力チーム。

 

 

次の2位へ。

2位 ラプターズ 

OFFRTG:106.9 DEFRTG:102.7 NETRTG:4.2

 

安定して強いラプターズが2位にランクイン。
負けたのはセルティックスのみの7勝1敗。

何より価値あるのは、
8戦中3戦を100点以下に抑えたディフェンス力。

シーズン通して素晴らしかったディフェンス力も、
ここにきてさらに向上させてきた印象。

不安要素としてはシアカム。
バブルでは平均16点にまで落ちている。

守備が素晴らしいだけに勝負所でエースのシアカムがどこまで働けるかが
勝敗を大きく左右するだろう。

現状やや不安。

 

 

次の3位へ。

3位 シクサーズ

OFFRTG:118.6 DEFRTG:114.8

NETRTG:3.8

 

4勝4敗のシクサーズが3位に。
バブルでの攻撃力はイーストで一番だった。

しかし、堅かった守備はどこかへいってしまった。

ミルトンとエンビードがもめたり、
内容以上にチームに問題の多いシクサーズ。

もともとシーズンよりプレーオフを見据えて構成したチームだから、
6位は大きな問題じゃない。

むしろエンビードを止められるセンターのいないセルティックスは
案外悪くないかも。

シクサーズが勝つためには守備を極めるしかない。

バトラーがいない今、プレーオフはトバイアスハリスが最重要人物。

 

 

次の4位へ。

4位 ペイサーズ

OFFRTG:107.6 DEFRTG:105.7 NETRTG:1.8

 

もう疲れてきているので簡単に。

覚醒しだしたウォーレン。
流れを変えるマッコネルがいい働きをするペイサーズ。

サボニスのいないペイサーズに期待はしてなかったものの、
想像以上に6勝2敗と強かった。

もともと安定した地味目な選手が多いために、日によって主役を変えれるのが強み。

サボニスやラムをケガで失おうとも、
オラディポが長くケガで離れていても安定して強いなー。

ミッドレンジ志向のオフェンスは、
ミスも少なく安定しているため崩れることはない。

懸念点は爆発力のなさ。

 

 

次の5位へ。

5位 ネッツ

OFFRTG:116.2 DEFRTG:116.0 NETRTG:0.2

 

主役の全くいないネッツ。
今季は期待も薄いもののネッツらしさの復興。

ジョーハリス、アレン、クルッツ、エースを務めるレバート。

ベンチは色んなチームから来た選手ですごいことになっているけど、
シーディングゲームでも弱くなかった。

今季は勝ち上がることはないだろうけど、
場合によっては来季東の1位も見えるかも。

アトキンソンの作ったネッツらしさが輝くことを願います。

 

 

6位以降はサラーっと。

6位 ヒート

OFFRTG:110.0 DEFRTG:110.1 NETRTG:-0.1

 

今のところ波に乗り切れていないけど、
プレーオフで輝ける可能性が非常に高いのがヒート。

不完全なペイサーズに勝てれば見えるのが王者バックス。
※個人的にはマジックファンなので応援はしています。笑

ヒートは中断前にはバックスに相性がよかったこともあり、
ジャイアントキリングも夢ではない。

プレーオフでは今季不調のクラッチタイムとバトラーが鍵。

苦しい時間にファールドローでつなぐバトラーが復活すれば、
CFは見えたも同然。

 

 

7位 バックス

OFFRTG:109.4 DEFRTG:110.2 NETRTG:-0.8

 

東の王者であるバックスは機能していない。
3勝5敗に守備も良くないのが現状。

ただ一つ言えるのは、セルツとヒートには勝っていたこと。

プレーオフ1回戦の後、順当にいけばあたるこの2チーム。
ここで勝っていることが大きい。

ブレッドソーが崩れなければ、
バックスも勝ち進んでいけるはず。

何度も言うけど、ブログドンはいないんだ。
ヤニスが潰されたら、ミドルトンとブレッドソー以外に打開策はない。

 

 

8位 マジック

OFFRTG:111.7 DEFRTG:113.0 NETRTG:-1.3

 

点が取れないことはそのままに、
ディフェンスが崩れているマジック。

初戦は王者バックスと正直きつい。

東で最も好きなチームだから応援するけど、力の差が大きい。
(ちなみに、2番目ペイサーズ)

オーランドマジックのNBAでの不思議な立ち位置

今後のオーランドマジックの明確な悩み

マジックに少しでも興味があれば、
ファン増やしたいので見てみて下さい。笑

 

 

9位 ウィザーズ

OFFRTG:102.6 DEFRTG:112.0 NETRTG:-9.4

 

1年目の八村がエースを務めたウィザーズ。
この苦い経験が来季のチームに生きるよ。

ウォールとビールの作り出すバスケが、
東をどれだけ席巻するか楽しみ。

ルーキーで良いパフォーマンスをし続けた八村は
紛れもなく日本の誇りといえるだろう。

来年さらに成長する八村に注目です。

 

まとめ

今回は、バブルでの強さランキングイースト版でした。

ウエストほど強豪がはっきりしていないのが、
イーストの特徴。

だからこそ、どのチームにもチャンスがある。

 

王者バックスはバブルでの戦いでイマイチ奮っていない。

対して、ラプターズなんかは非常に優秀。

 

ほんとにどこが来るのか予想がつかない。

個人的にはヒートとセルツかなと予想してます。
(もちろんバックスは最強です。笑)

 

今回も長々とありがとうございました。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

Translate »